山里亮太 “沼落ち”した宝塚に魅せられて発した一言に妻・蒼井優「それは間違ってると思う」

[ 2021年10月12日 16:27 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が12日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に生出演。最近ハマっているという宝塚を見て発した一言への、妻で女優の蒼井優(36)の反応を明かした。

 山里は「行ってきまして久しぶりに。宝塚」と嬉しそうに語った。蒼井の影響で今年から宝塚のファンになったという山里は、蒼井からは「あまりにきれいに沼にハマったので、着水音が聞こえなかった」と言われたという。今回夫婦で見に出かけたのは雪組の「シティーハンター」で、「衝撃と言うか。僕はにわかですが、いろいろ宝塚を見させていただいてる中で、触れたことのない宝塚だったんですよ。3枚目役の(主人公)冴羽っていう女の子好きのギャグテイストのところが結構多めなのよ。素敵な冴羽役は彩風咲奈さん。ジャケットの袖まくってカッコいいんだよ」などと興奮気味に感想を語った。

 劇場で、「凄い新しい宝塚を見てて、いいな」と思った山里は、蒼井に「この感情は何て説明がつくんだい」と聞いたという。蒼井は「それは、あなたが見てきた宝塚は、格好いいとか美しいを堪能してきた。逆にこのギャグ要素多めで無茶苦茶難しいであろう演目をパーフェクトに演じきれた人間が、ザッツ宝塚の素敵な男役、かわいらしい娘役をやった時のことを想像して。ワクワクしない?」と話し、山里は「ワクワクするよ」と返答。すると蒼井は「それそれ」と返してきたとした。

 そして劇場からの帰りは「やっぱ歌うよね」と山里。「宝塚って、幅広いなって」としみじみと語ると、「もうそろそろ、俺も乙女になると思う。こんだけ娘役の気持ちでいたら」と力説。最後は「この前だって、奥さんに『これ、あってるか分からないけど、僕、凄くキレイになりたい』って言ったら、『それは間違ってると思う』って言ってた」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月12日のニュース