香取慎吾 タモリの太っ腹に驚きも「怖い世界だなって思いました」

[ 2021年8月2日 16:05 ]

香取慎吾
Photo By スポニチ

 タレント、香取慎吾(44)が1日放送のABEMA「7.2 新しい別の窓」(後3・00)に出演し、自身の「大食い」に関して、タモリ(75)とのエピソードを披露。「怖い世界だなって思いました」と話し、共演者の笑いを誘った。

 ゲストの久本雅美(63)が香取について、よく食べるんだもん」と指摘した。これに草なぎ剛(47)は「タモリさんがさ『慎吾、肉を3キロ4キロ食えるか』なって用意したら、案外食べられなかったらしくて」とコメント。香取は、そこまで大量の食事を準備してくれたのは「タモさんくらいですよ」と応じ、やりとりを振り返った。

 1.5キロほどを食べたところで、満腹になった香取がギブアップすると「冷蔵庫に来い」とタモリ。「冷蔵庫にもっと肉がブワーってあって。『お前のために、買って。どうすんだこれ?全然食べないな、飛行機でこんだけ、空輸したのに』って」と、ツッコまれたことを告白した。香取は、そのおもてなしに感謝しつつも「結構食べたのに」とポツリ。「ウワー、怖い世界だなって思いました」とオチをつけ、「今、すごいおなか減ってきている」と笑顔を浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月2日のニュース