王将戦2次予選準決勝 藤井聡太2冠VS石田直裕五段戦始まる 戦型は相掛かり

[ 2021年7月30日 10:18 ]

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選1組準決勝は30日午前10時から東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 カードは藤井聡太2冠(19)=王位、棋聖=VS石田直裕五段(32)。1次予選を勝ち抜いた石田は1回戦で井出隼平五段(30)を下し準決勝に進出。前期に挑戦者決定リーグから陥落した藤井は初戦となる。

 対局室には藤井、石田の順に入室。振り駒で歩が3枚出て藤井の先手が決まった。

 藤井の初手は2六歩。対して石田も8四歩と、ともに飛車先の歩を突いた。戦型は相掛かり。

 持ち時間は各3時間。正午から40分間の休憩を挟み、終局は夕刻以降の見込み。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月30日のニュース