市川猿之助が新型コロナ感染 「八月花形歌舞伎」当面休演 定期PCR検査で陽性 現在無症状

[ 2021年7月30日 17:08 ]

新型コロナウイルス陽性が判明した市川猿之助
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川猿之助(45)が新型コロナウイルスに感染したと30日、松竹が発表した。定期なPCR検査で、29日夜に陽性が確認された。現在は無症状。8月3日に初日を迎える東京・歌舞伎座「八月花形歌舞伎」(千秋楽・8月28日)は当面、休演する。代役は坂東巳之助(31)が務める。猿之助は第一部「加賀見山再岩藤 岩藤怪異篇」で6役を勤める予定だった。

 猿之助は松竹のガイドラインに則り、自身も徹底した感染予防対策を行いながら、これまで歌舞伎座出演月における定期的なPCR検査はすべて陰性。しかし、今回、8月興行に向けた定期的なPCR検査で陽性と判明した。現在無症状だが「今後も健康状態の経過観察を行うとともに、保健所の判断に従い、随時、必要な対応をしてまいります」とした。

 昨年8月の興行再開以来、歌舞伎座における歌舞伎俳優(幹部)の陽性者は今回3例目。

 「八月花形歌舞伎」第二部、第三部は予定通り上演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月30日のニュース