藤井聡太2冠が石田直裕五段を下す 第71期ALSOK杯王将戦2次予選準決勝 

[ 2021年7月30日 17:09 ]

<王将戦2次予選>盤から離れて座る石田5段と、近くに座る藤井2冠(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は30日、東京都渋谷区の将棋会館で藤井聡太2冠(19)=王位、棋聖=VS石田直裕五段(32)の2次予選1組準決勝を行い、先手の藤井が85手で石田を下した。

 前期に挑戦者決定リーグから陥落していた藤井は次戦の1組決勝(8月16日=関西将棋会館)でリーグ復帰をかけて稲葉陽八段(32)と対戦する。

 【藤井との一問一答】
 ――相掛かりのスタート。
 「序盤はこちらの1歩得がいきるかどうかと思っていたんですが、△4五歩から△1三角と(石田が)積極的に動いてこられて、それにどう対応するか難しい気がしました」

 ――△1三角は意外な手?
 「△5三金から△4三金と組み合いになっても1局。でも動いてこられて、手が広いと思いました」

 ――終盤は▲9七角が好手だった。
 「△9五歩と突かれると忙しくなる。すぐに角が出るか難しい。切り合いにいく展開になれば角をさばいたのが生きるとも思いました」

 ――寄せの場面は。
 「▲4三歩成が間に合う展開になればと思っていました」

 ――全体的には?
 「中盤の小競り合いが難しかったですが、本譜は攻め合いにいって、自王の遠さ(安全性)をいかすことができたと思います」

 ――次戦の決勝は稲葉八段が相手。
 「(今期の)順位戦ではこちらが敗れてしまい、非常に手ごわい相手。その順位戦とは持ち時間が違う。思い切って指していきたいです」

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月30日のニュース