EXIT兼近 深夜に意味深ツイート・後に謝罪、真相明かす「誕生日プレゼントなんですよ」

[ 2021年7月30日 17:07 ]

EXITの兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、EXITの兼近大樹(30)が29日深夜放送のフジテレビ「EXITV」(木曜深夜1・25)に出演。先月、自身のツイッターに「軽率な行動を大変反省しております」と記した一件について、真相を語った。

 兼近は先月25日午前2時に突然「ポッポの山盛りポテト」とツイート。フォロワーらからは「どゆこと!?」「え?」などと、戸惑う声が寄せられた。その後、「この度深夜に意味深なツイートをしてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪し、「同居人から電話で『明日帰るけどなにかいる?』と聞かれ、寝ぼけながらやりとりをした後、LINEでの返信をここに打ち込んでしまいました。全て僕の責任であり、軽率な行動を大変反省しております」。間違えてつぶやいたとしていた。

 この同居人は、お笑いコンビ、湘南パイプキャッツの望月崇徳(31)。“謝罪ツイート”には、望月とやりとりするLINEの画像と、「湘南パイプキャッツ 望月」のタグが付けられていた。

 72万人を超えるフォロワーを持つ兼近は、ツイートした日が望月の誕生日だったと説明。「プレゼント何がいい?」と尋ねたところ、「知名度」と返答されたという。そこで「自然に同居人の知名度をあげよう」と考えた。

 自身の「意味深なツイート」を謝罪、そこに望月を絡ませることで彼への注目を集めようとしたといい、「同居人に間違えて連絡をしちゃったってツイートをして、そこに同居人のタグ付けをしてフォロワーを増やしてあげるっていう。誕生日プレゼントなんですよ」と打ち明けた。

 顛末を聞いた共演者は「(兼近の)好感度が上がっているだけ」、相方・りんたろー。(35)も「おもんねー」と斬り捨て、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月30日のニュース