ひろゆき氏“夏休みの宿題不要論”訴える「同じ漢字100回書かせるとかはマジで時間のムダ」

[ 2021年7月30日 23:38 ]

西村博之氏
Photo By スポニチ

 「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(44)が30日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)にリモート出演。小学生の夏休みの宿題が不要であると訴える場面があった。

 ひろゆき氏は「宿題って出来る子はすでに出来てるし、やる必要ないじゃないですか。出来ない子は宿題を渡しても出来ないから、意味ないと思うんですよね。なにか新たなことを学習するために、勉強ってするわけで。やるべきことがちがうと思うんです」と、持論を展開する。

 また、「問題が分からない子に『なんで分からないの?』って聞いて、実は算数自体が出来ないのが分かったら『じゃあ、算数やろう』ってなって。でも、宿題って家でフォロー出来ないじゃないですか?親に聞いて教えてもらえるような子って、宿題やらなくても大丈夫なんですよ。宿題が出来ない子は、家でも出来ないし、親もダメだからどうしようもない」と、指摘したひろゆき氏。

 「漢字の書き取りみたいなので、同じ漢字を100回書かせるとかはマジで時間のムダで嫌いになるだけじゃないですか。でも、学校の先生ってそういうことをやらせるじゃないですか」と、意味ある学習に結びつかない宿題が課されることにも疑問を投げかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月30日のニュース