永島優美アナ 42歳町長のワクチン先行接種に「事前に余った時のルールを決めておくべき」

[ 2021年5月14日 09:12 ]

フジテレビの永島優美アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの永島優美アナウンサー(29)が14日、メインキャスターを務める同局の情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。茨城、岐阜、大阪、兵庫の4府県で、地方自治体の首長や職員が65歳以上の一般高齢者向け接種に先行して新型コロナウイルスワクチンを接種していた事例が相次いで分かったことに言及した。

 このうち茨城県城里町では、上遠野修町長(42)と副町長(65)、教育長(65)の3人が4月、医療従事者に優先的に届けられた新型コロナワクチンを接種していた。医療従事者のキャンセルに備え、代わりに接種する町職員のリストを作成。接種を受けた町職員は幹部3人を含め計29人だった。上遠野町長は「廃棄すべきかとも思ったが、町長が感染すると混乱を及ぼし、倒れるわけにはいかない。(キャンセル穴埋めが)高齢者じゃなきゃだめという空気はおかしい」と強調した。
 
 永島アナは、「(事前に公表せずに)後から出てきてしまたってところが後ろめたさや、やましさがあったんじゃないかって思われても仕方ないがないなって思います」と指摘し、「事前に余った時のルールをしっかり決めておくべき」と自身の考えを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月14日のニュース