光浦靖子「悲しくて、、、、」 趣味の手芸作品で番組スタッフが「バカにした笑い」

[ 2021年5月13日 14:44 ]

「オアシズ」光浦靖子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(49)が、ツイッターで趣味の手芸作品を番組スタッフにバカにされたことを嘆き、反響を呼んでいる。

 光浦が部長を務める手芸集団「ブッス!手芸部」の公式ツイッターを通じ12日に投稿したもの。光浦は「BSの番組で、作った物を、500円なら買ってやってもいい、と笑われました。悲しくて、、、、手芸は材料費しか見られないからなあ。なにか一つでも作ったことのある人ならわかるのになあ。本出すのに、こりゃ困ったぜ」とつづった。

 続くツイートで「ごめんなさい。『買ってやってもいい』とは言われてないです」と一部訂正しつつ「何日もかけて作ったものを、『こちら、一般の人にいくらまでなら出せる? と聞いて最高金額500円でしたー!』スタッフ大爆笑、です」と嘆き。「バカにした笑いでした。そんな趣旨の番組とは聞かされず、何日もかけて作品を作らされ、、、、、、、、」と記した。

 この投稿には多くの反響があったといい「皆さんあったかい言葉ありがとうございます」と感謝しつつ「色んな方々がそのスタッフが毎日犬のウンコ踏みますように、とか、食事の度に青海苔や胡麻が前歯にはさまりますように、と呪いをかけてくれてて、、、笑いました。元気になりました」と前を向いた。

 これらの投稿に、「腹立ちましたね」「それは失礼ですね」「怒って当然だと思います」など、多くの声が寄せられている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月13日のニュース