堀江貴文氏「あの破局とか。多分これに関連していると」 親交ある前澤友作氏の宇宙旅行について語る

[ 2021年5月13日 21:42 ]

堀江貴文氏
Photo By スポニチ

 実業家の堀江貴文氏(48)が13日、インターネットテレビABEMAの報道番組「ABEMA Prime」(月~金曜後9・00)に生出演。親交のある実業家、前澤友作氏(45)が12月に国際宇宙ステーション(ISS)に行くことになったことについて言及した。

 堀江氏は「アメリカがスペースシャトルやめちゃってアメリカ人は行けなくなっちゃったじゃないですか。なのでロシアのソユーズを使って。ソユーズがすごく混んでたんですよ。で、値段がすごい上がったんですよ。ひとり頭70億ぐらいになったって言われてたんですけど。すごい高騰しちゃって。だけど、スペースXのクルードラゴンができたことによって今度は逆に余ってきたというか。スペースXはどんどん打ち上げますから」と民間企業で有人宇宙旅行を成功させた「スペースX」社の存在がある背景にまずは触れた。

 そして「今ちょうど余ってきたソユーズ。こちらの方のシートを使って多分行くっていう話なんだと思います」と解説した上で「だからほら、あの破局とか。多分これに関連していると思う。恐らく一緒に行かれる予定だったんじゃないですか?あの方と。あの方と一緒に行かれる予定がちょっと多分行かないということになって。どっちが先なのか知りませんよ?僕は細かいことまでは知りませんけど。前澤さんは絶対月に行くって思ってるわけじゃない?だから彼女が『ついていけないかも』ってなったのか。彼女はついていくつもりだったかもしれないけど周りが『それは危ないからやめてくれ』とかって言ったかもしれない」と話していた。

 前澤氏は12月8日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられる、ソユーズ宇宙船「MS―20」に搭乗し、ISSに約12日間滞在する予定。4月には、交際していた女優の剛力彩芽(28)と2度目の破局が発覚。前澤氏の月旅行も破局の理由の一つとみられている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月13日のニュース