室井佑月 挙式を報告 夫・米山隆一氏と交わした“過激な約束”

[ 2021年4月23日 13:46 ]

室井佑月
Photo By スポニチ

 作家でタレントの室井佑月(51)が23日、パーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)に出演。18日に新潟県長岡市内の神社で前新潟県知事の米山隆一氏(53)と結婚式を挙げたことを生報告した。

 室井は再婚だが、挙式は初めてだったという。白無垢姿の画像を見た共演陣から「きれい!雪見大福みたい!」などと言われると「すごい恥ずかしかったです…」と大テレ。「緊張というか寒くて。境内は吹きっさらしだし、着物はすきまがあるから風が入る」と寒さに耐えながらの式になったという。「テレビで、2人でボソボソ話してるところが(放送)あったけど、トイレに行かせてくれ!って話してた。すごい限界まで我慢した」と明かし「最後の写真撮影はマキで、1、2枚でしか撮ってない」と語って、笑いを誘った。

 それぞれの親族同士の自己紹介で10代の頃からの親友がなぜか「長女です!」と紹介して、クスクス笑いが漏れたというエピソードも披露。夫の米山氏には「結婚式終わってから約束したの。浮気したらガソリンかけて燃すって。そしたら米ちゃん、ガソリンかけるとそっちも燃えるから灯油にした方が…って言ってた」と明かし、共演陣から「優しい~!」との声も。「最初は拒否してたんだけどやってよかった!」と満足気だった。

 お笑いコンビ「どぶろっく」からお祝いの歌を送られ、感激で目を潤ませた。大竹に「目に水ついてるよ」とツッコまれつつ、「うれしい!ありがとうございます!」と感激しきりだった。

 新型コロナウイルスの感染防止対策のため、参列者を親族ら十数人で行い、飲食などを伴う披露宴は開かなかった。米山氏は次期衆院選に新潟5区(同市の一部など)から出馬表明している。2人は共通の知人を通じて知り合い、昨年5月10日に結婚した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月23日のニュース