山崎育三郎 高校時代は「スーパーモテました」、バレンタイン関係なく「下駄箱開けるたびに何か入ってる」

[ 2021年3月30日 02:30 ]

俳優で歌手の山崎育三郎
Photo By スポニチ

 俳優の山崎育三郎(35)が29日に放送されたテレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」(月曜後11・15)に出演し、高校時代のモテエピソードを披露した。

 弘中綾香アナウンサー(30)から「激レアな体験」を聞かれた山崎は「ほぼ女子校に通っていた」と明かした。音楽大学の付属高校に通っていた山崎は高校2年生の時にクラスの男子は「僕ともう一人だけ」だったという。

 MCの「オードリー」若林正恭(42)は驚きながら「ぶっちゃけた話、死ぬほどモテましたよね?」と尋ねた。山崎は「いやいや」と否定したが「スーパーモテましたね」と訂正した。これには弘中アナも「おいおい」と思わずツッコミを入れるなど共演者を笑わせた。

 またバレンタインデーでの出来事を聞かれた山崎は「バレンタインじゃなくても、下駄箱開けるたびに何か入ってる」とモテエピソードを明かした。弘中アナは頭を抱え、ゲスト出演したホラン千秋(32)は「なにそれ!?」と信じられない様子だった。

 山崎はモテた理由に「音大マジック」とし「どんな男子でも100%モテる」と言い切った。「これについて今度詳しくお話しします」と笑顔を見せた山崎に若林は「ちょっと、本当にやってほしい」と切望した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月30日のニュース