「少女歌劇団ミモザーヌ」無観客オンラインで第1回公演「コロナに負けない愛と勇気と元気を」

[ 2020年12月30日 18:07 ]

オンライン配信での第1回公演「Begin~始まりの歌~」に登場した「少女歌劇団ミモザーヌ」
Photo By 提供写真

 舞台演出家・広井王子(66)が総合演出する「少女歌劇団ミモザーヌ」の第1回公演「Begin~始まりの歌~」が30日、大阪・ミナミの「YES THEATER」で無観客で開催され、オンライン配信された。

 最年長のきくたまこと(19)の「始まるよ~。全員集合」という」かけ声で1期生14人、2期生8人が集結しスタート。きくたが「このような状況ですので、第1回公演は無観客での配信ライブになりました。ですが、わたしたち少女歌劇団ミモザーヌは、コロナに負けない愛と勇気と元気を皆さまにお届けいたします」とオンライン公演となった経緯を説明。さらに、いまもりまなか(17)が「コロナに立ち向かわれている医療従事者のみなさまに感謝したいと思います。そして、多くの方々が早く元気になれすようお祈りいたします」とあいさつした。

 「扉の向こうへ」「ありがとうございます」など、ショー形式でオリジナル10曲を含む12曲を披露。最後はグループのテーマ曲「ミモザのように」で締めくくった。

 また、満11歳~満17歳(21年3月末時点)までの女性を3期生として募集開始。書類、面接、実技試験を経て3月上旬に最終審査を行う。応募はオフィシャルサイトで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月30日のニュース