ナイツ土屋 “じゃない方芸人”を実感「誰も俺に気づかない」

[ 2020年9月29日 15:06 ]

「ナイツ」の土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」の土屋伸之(41)が29日、ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に生出演し、“じゃない方芸人”を実感した出来事を明かした。

 この日は火曜パートナーの「相席スタート」山崎ケイ(38)の相方・山添寛(35)がゲスト出演。山崎と比べると存在感が薄めな山添は、最近ギャンブルをやめたといい、なぜか「期待に応えられなくてすみません」と謝った。自らダメキャラを放棄した山添に、土屋は「そのキャラいいなあ。じゃない方芸人界の次世代エースとして期待してたのに」と本音をこぼした。

 土屋は、山添以外に期待する若手じゃない方芸人として「ティモンディ」の前田裕太(28)の名を挙げ、前田と先日、地方営業で一緒になった際のエピソードを明かした。強烈なインパクトで人気の高岸宏行(27)の陰に隠れがちな前田は、土屋に対し楽屋で「僕も勉強します。僕もじゃない方芸人として頑張っていきます」と誓っていたそうで、空き時間には連れ立ってコンビニに行ったという。

 ところが、前田が道すがら3度も声を掛けられてビックリ。「歩いて2分くらいのとこよ?行って帰る間に3組、『前田さんですよね?』って声を掛けられて」。対照的に土屋は写真撮影係だったといい、「俺が写真を撮って、誰も俺に気づかない」とつぶやいた。

 楽屋に帰ると、土屋は前田に「僕が甘かったです。土屋さん、レベルが違いました」と言われたといい、「今度、コンビニ行こうね」と山添を誘って笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月29日のニュース