×

王将戦第5局 封じ手は「8六歩」 2日目対局が再開

[ 2020年3月6日 09:15 ]

<第69期王将戦第5局・2日目>封じ手を指す広瀬八段(左は立会人の東八段、左から2人目は渡辺王将)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦7番勝負(主催・スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社)第5局は6日午前9時、前日から行われている大阪市のKKRホテル大阪で再開された。

 対局室入りした両対局者は盤を挟んで一礼。1日目に広瀬が封じた70手目を立会人の東和男八段(64)が開封し、読み上げられた封じ手は[後]8六歩だった。

 渡辺がすぐ[先]同銀と応じると広瀬はさらに[後]1四歩。渡辺の香を奪いに行く積極的な指し回しに、解説の大石直嗣七段(30)は「このタイミングの[後]8六歩は意外でしたが、広瀬八段はここまでの進行に自信を持たれているんでしょうね」と指摘。今後、戦いが激しくなる展開も予測した。

 2勝2敗のタイで迎えた本局。初日は広瀬が1時間29分の長考に沈む場面があった。防衛を目指す渡辺か、タイトル奪取を目論む広瀬のいずれが王手をかけるか注目される。

 第1日終了時点での消費時間は先手の渡辺が3時間7分、後手の広瀬が4時間26分。残り時間は渡辺が4時間53分、広瀬が3時間34分。本日中の終局が見込まれる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年3月6日のニュース