エスパー伊東、最高月収500万円から謎の病気で収入ゼロ、生活保護受けていた

[ 2020年2月28日 08:00 ]

緊急入院したエスパー伊東(C)TBS
Photo By 提供写真

 お笑い芸人のエスパー伊東(59)が謎の病気がきっかけで貧困状態に陥り、生活保護を受けていることが、28日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)で明かされる。

 伊東は、90年代に類いまれな身体能力を生かし、バラエティー番組の「めちゃ×2イケてるッ!」「笑っていいとも!」(フジテレビ)などで活躍。ボストンバッグの中に入り込む得意のカバン芸を武器に、一大旋風を巻き起こした。そんな伊東が今、謎の病気で立ち上がれなくなり、緊急入院しているという。

 今回、若手時代に伊東と番組で共演したお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(36)が、伊東が入院している病院を訪ねた。超人芸人だった伊東の激変ぶりに思わず言葉を失う藤森。一体、彼の身に何があったのか?そこには、あのカバン芸で大ブレークしたがゆえの皮肉な現実があった。

 そして、伊東はさらなる問題に直面していた。ブレーク時は最高月収500万円を稼ぐほどだったが、この謎の病気がきっかけで、現在の収入はゼロ。貧困状態に陥り、生活保護を受けているという。一刻も早く芸人復帰を果たし現状を打開したいというが…。

 そんな伊東のために、藤森があるサプライズ映像を用意。その映像を見た伊東に奇跡が起こる?一人の芸人が困難に立ち向かい、どん底から這い上がろうとする姿に注目だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月28日のニュース