中村獅童 “不倫男”役にきっぱり「僕自身はやっぱり生真面目」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」に出演する(左から)中村七之助、中村獅童、中村勘九郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村獅童(47)が28日、都内で赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」(東京・TBS赤坂ACTシアター、5月5~24日)の会見に出席した。獅童は恩人の側女(そばめ)に手を出す男を演じる。

 報道陣から「(世間をにぎわせている)不倫ということ?」と質問が飛ぶと「歌舞伎には、どうしようもない人がたくさん出てくる。でもそれが魅力」と笑顔で答えた。「僕自身はやっぱり生真面目。自分にないものを演じきることが役者なので」と語り笑いを誘った。共演は中村勘九郎(38)、中村七之助(36)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月29日のニュース