杉浦太陽「5年、10年放置してたら癌になってた可能性大」大腸ポリープ見つかり、即手術明かす

[ 2020年1月29日 18:54 ]

杉浦太陽
Photo By スポニチ

 俳優の杉浦太陽(38)が29日、自身のブログを更新。大腸にポリープが2個見つかり、切除手術を受けたことを明かした。

 この日、まずはブログで「今日は弟とマネージャーさんと、事務所の健康診断!!!!内視鏡がドキドキです…」と短くつづっていた杉浦。その後、「日帰り手術してきました」のタイトルで再びブログを更新すると「内視鏡検査、バリバリ健康~~!!!!っと、言いたかったのですが…大腸に気になるポリープが2個あったので、その場で手術して切除していただきました」と内視鏡検査の結果、大腸に2個のポリープが見つかり、切除したことを報告した。

 杉浦によると「5年、10年放置してたら癌(がん)になってた可能性大だったそう」とのことで「不安な思いもありますが、今回の検査で早めに切除してもらってよかったと思います」とつづった。検査結果が出るまでは3週間。「何事もありませんように…。。。」と祈る杉浦だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月29日のニュース