アンミカ&金子恵美氏、唐田の“手の位置”に注目「手馴れてるというか、照れがない」

[ 2020年1月27日 15:34 ]

金子恵美氏
Photo By スポニチ

 ファッションモデルのアンミカ(47)と前衆議院議員の金子恵美氏(41)が27日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。女優の唐田えりか(22)と俳優の東出昌大(31)の不倫騒動について言及した。

 今回の騒動を受け、番組では、18年5月にフランスで行われた「第71回カンヌ国際映画祭」に参加した唐田と東出の映像を紹介。

 唐田が階段を上がる際、東出が腰にずっと手を回したり、ドレスの裾を直す様子が放送されると、アンミカは「唐田さんが足がひっかかってしゃがんだ時に、東出さんの肩を持ったあと、首に手がいってる」と、唐田の手の位置に注目。MCの坂上忍(52)が「肩じゃなくて首にいってると意味が違うの?」と驚くと、「違います」と断言し「普通、足元に先輩をしゃがまして申し訳ないっていうところを、首にスッとあの手が伸びてる」。

 アンミカの意見に、金子氏も「すごく違和感があった」と同調。「紳士的なエスコートは分かるんですけど、お尻までいくのは気になったし。する側もされる側も手馴れてるというか、照れがない。まず女性の方が『しゃがまないでください』っていうのが、どんなにカンヌでもそうあるべきだと思います」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月27日のニュース