マツコ「地図好きになってからは…」しなくなったことを告白

[ 2020年1月27日 18:28 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が27日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中」(月~金曜後5・00)に生出演。地図好きになってから、やらなくなったことを明かした。

 番組では、電車の時刻表を40年買い続けている男性の「机上旅行の楽しみ」について紹介。マツコは「私は時刻表じゃないけど、その心理は凄く分かる」と賛同。「私は地図好きなんだけど、地図好きになってからは旅行に行かなくなったもんね」と明かすと、隣席の株式トレーダー若林史江氏(42)は「えっ、そうなんだ」と驚いた。

 「私、仕事以外で地方に行ったのは10年以上前だし、海外も20年近く行ってないもん。ちょうど地図好きになってからなのよ」とマツコ。「前から地図は好きだったの。今でこそグーグルマップとかで見られるけど、昔は私、各都道府県の地図を全部そろえていたもん。なんで買っているのかと聞かれたら、何の意味もないんだけど」と話した。

 「ネットだと新しい道路ができたり、区画が変わったりすると、すぐに書き換えられるけど、本として出る地図って年に1回とかじゃない?それも毎年は買い替えられないから、今と全然違ってる時があるのよね。それが面白くて」と、紙の地図ならではの楽しみ方を伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月27日のニュース