“ちびザイル”がオリパラ盛り上げます 監督HIRO手応え 文化パフォーマンス公開リハーサル

[ 2020年1月27日 05:30 ]

パフォーマーの子どもたち約140人がリハーサルを行う(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、3月19日にギリシャのアテネで開催される聖火リレー聖火引き継ぎ式で披露する日本側文化パフォーマンスの公開リハーサルを千葉市内で行った。EXILEのHIRO(50)が監督を務めるパフォーマンスは3部構成で「不屈の精神」「創造と革新」「未来への希望」がテーマ。聖火の火をイメージし、日本神話、ギリシャ神話の要素も取り入れた。

 HIRO自身が立ち上げた全国12校のダンススクールから選抜された小学生~高校生の140人が、リハーサルではEXILEばりのダンスパフォーマンス。HIROは「日本代表として恥ずかしくないもの。未来につながるパフォーマンスになると思う」と“ちびザイル”たちの頑張りに手応えを得ていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月27日のニュース