TBS「病室で念仏…」第2話は10・3% 不倫報道の唐田えりかは出演自粛

[ 2020年1月27日 09:27 ]

俳優の伊藤英明
Photo By スポニチ

 俳優の伊藤英明(44)が主演を務めるTBSドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜後10・00)の第2話が24日に放送され、平均視聴率(関東地区 ビデオリサーチ調べ)は10・3%だったことが27日、分かった。17日放送の初回の視聴率は11・3%だった。

 俳優の東出昌大(31)との不倫が明らかになった女優の唐田えりか(22)は病棟クラークの小山内みゆき役で出演予定だったが、報道を受けて所属事務所が出演自粛を発表。第2話の唐田の登場シーンはカットして放送された。撮影済みの3、4話も同様に編集される。

 伊藤演じる、僧侶で救命救急医・松本照円の活躍を通して、生きることと死ぬことの意味を問う医療ドラマ。原作はビッグコミック増刊号で連載中のこやす珠世さんの同名漫画。こやすさんの希望もあり、伊藤は原作通りに髪形を丸刈りにして臨んだ。共演は中谷美紀(44)、ムロツヨシ(44)、松本穂香(22)ら。

 第2話は、松本(伊藤)や三宅(中谷)が勤務する救命救急センターに、危険な状態の女性患者が運ばれてくる。松本は心臓血管外科に応援を要請するが、手術中ということで濱田(ムロ)に断られる。ある日、川で男子中学生が溺水というドクターカーの要請が入る。レスキュー隊員が発見した少年・勉(渡辺蒼)の心臓マッサージをする松本は、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が逃げていく姿を目にする…という展開だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月27日のニュース