松本潤主演「永遠のニシパ」異例のノーカット完全版2・1放送決定!15分長く「別物」視聴者要望殺到

[ 2020年1月17日 12:00 ]

「嵐」の松本潤が主演を務め、2月1日にBSプレミアムでノーカット完全版が放送される北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(C)NHK
Photo By 提供写真

 「嵐」の松本潤(36)が主演を務め、昨年7月15日にNHK総合で全国放送された北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」のノーカット完全版(96分)が2月1日午後7時20分からBSプレミアムでオンエアされることが17日、分かった。

 昨年6月7日(北海道ローカル)、7月15日に総合テレビで放送された本編は81分。9月23日、10月2日、12月30日にBS4Kで放送された本編は89分。今回が最長96分となる。札幌放送局が制作。地方局制作のドラマで、オンエアを重ねるたびに放送時間が延長されるのは異例の編成。

 若泉久朗局長は「『永遠のニシパ』は総合テレビ、BS4K、今回のBSプレミアムと波を分けて複数回放送しています。そのたびに、それぞれの編成で一番長く放送できる尺に再編集して放送しています。そうした中で大変多くの視聴者の皆さまから、再放送のご要望を頂きました。ご期待に応えるべく、今回は再放送ではなく、新しいバージョンを制作しました。今回のBSプレミアムの『ノーカット完全版』は、撮影したすべての場面を入れた最終バージョンとなります。是非、今までの放送と見比べていただき、新しい発見をお楽しみください」と理由を説明した。

 「ラブストーリーの名手」と呼ばれる大石静氏(68)がオリジナル脚本を執筆。シンガー・ソングライターの中島みゆき(67)がドラマの語りを初担当。松本は幕末の蝦夷地を調査し、北海道の命名者となった松浦武四郎を演じた。

 演出の柳川強監督も「総合テレビの放送(81分)をご覧いただいた方にとっては、今回のバージョンは15分長いものです。そして、ハッキリ申し上げますと…見終わった後に受ける印象は全く違うと思います。たとえ15分でも、です」と“違い”を強調。

 「このノーカット完全版で増えたのは、松本潤さん演じる松浦武四郎とアイヌの人々との触れ合い・交流が分かる多くの場面と、北海道調査部分です。それによって、武四郎の人間的な魅力が更に多角的に見えるようになり、北海道の大自然を映すシーンも格段に増えました。松浦武四郎は探検家、ジャーナリスト、絵描き…など様々な顔を持つ男ですが、その多面的な部分がすべて強調された気がしています。一度このドラマをご覧いただいた方も、今回のバージョンは別物です。是非ご覧ください。そして、見逃していた方も、必見です!」と力を込めた。

 若泉局長は「いよいよノーカット完全版の放送です。総合テレビとBS4Kの放送では時間の都合でカットせざるを得なかった部分をすべてお見せします。武四郎とアイヌの人々との交流、江戸での武四郎とイチニカとの生活、追手側の策略など…大石静さんの脚本の多面的で重層的な世界をお楽しみいただけます。おかげさまで北海道150年記念ドラマとして大成功となりました。松本潤さんが演じた松浦武四郎の鮮烈なイメージが皆さんの胸に刻まれました。歴史の先端を切り開いていく勇気が皆さんに伝わることが、制作スタッフと出演者一同の何よりの希望と誇りです」と手応えを示している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月17日のニュース