今夏離婚の木村文乃が心境?「人生に失敗しちゃった私への…」主演ドラマPRもファン勘違い?

[ 2019年12月27日 18:50 ]

女優の木村文乃
Photo By スポニチ

 2016年11月に結婚した40代の演技講師の男性と今夏に離婚したことが今月25日に分かった女優の木村文乃(32)が27日、自身のインスタグラムを更新。「ひとつひとつ好きなことを見つけて前に進んでいけば良いと包んでくれた、人生に失敗しちゃった私への優しい道しるべのおはなしです」と29日放送の主演ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた」(テレビ東京、前11・25)をPRした。

 ドラマのPR動画を添付。ケガをした大叔父(近藤正臣)の住む京都にやってきた主人公(木村)の「私、人生に失敗しちゃったんで」という劇中のセリフがあるが、コメントしたユーザーの多くが「失敗=離婚」のことと勘違いした様子。「失敗やないよ。ふみちゃんの生き方は綺麗だよ」「お互いに幸せになるための決断ですから、失敗ではないですよ」「失敗じゃないですよ。スタートです」などのコメントが相次いだ。

 木村は16年11月11日、当時30代後半だった演技トレーナーの男性と数年間の交際を経て結婚。同18日にインスタグラムで報告し、夫を「下を向いて歩いていた私に勇気や力をくれた明るく温かい太陽のような方です」と紹介。「俳優として変わらず一生懸命に努力していきます」とつづっていた。

 06年公開の映画「アダン」のヒロインでデビュー。11年に出演した化粧品会社のCMで「この美女は誰?」と話題になり、15年にはTBS「マザー・ゲーム~彼女たちの階級」で連続ドラマ初主演を務めた。来年1月スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では長谷川博己(42)が演じる戦国武将・明智光秀の正室・煕子役で出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月27日のニュース