リズムダンスコン 自由曲は庄東っ子パワーが連覇、規定曲でONDヒーローズが頂点

[ 2019年12月27日 05:30 ]

自由曲小学生部門で優勝した「庄東っ子パワー」のメンバー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 小中学生の体力向上などを目的とした「第7回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」が26日、東京・マイナビBLITZ赤坂で開催された。この日は小学生部門が行われ、自由曲は富山県砺波市立庄東小学校の4年生チーム「庄東っ子パワー」が優勝にあたる文部科学大臣賞に輝いた。昨年も3年生で優勝しており2連覇を達成。41人が緩急をつけたダンスで魅了した。太田菜月さん(10)は「速く踊るところがうまくできた。来年も優勝したい」と喜んだ。

 規定曲で頂点に立ったのは東京都武蔵野市立大野田小学校の4年1組「ONDヒーローズ」。9月から休み時間返上で特訓した成果を見せた。上林菜結さん(10)は「うれしいです。先生が支えてくれた」と涙を拭った。担任の安部絵里教諭(35)は「ダンスを通じて諦めない姿勢が身に付いたと思います」と教え子を称えた。

 《FlowBack ミニライブで会場盛り上げ》規定曲「By your side」を歌う男性5人組ダンス&ボーカルグループ「FlowBack」がミニライブで盛り上げた。メンバーのTATSUKIは自由曲部門で審査を担当。「みんなからエネルギーやパワーをもらった。僕も小学生からダンスをやってきたので、こうして関われてうれしい」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月27日のニュース