ジャガー横田夫・木下医師、暴言認める「行き過ぎた表現あった」

[ 2019年12月27日 05:30 ]

木下博勝氏
Photo By スポニチ

 助手を務めていた准看護師の男性からパワハラを訴えられた騒動で、ジャガー横田(58)の夫で医師の木下博勝氏(51)が26日、「公表された録音は私の発言で間違いありません」と認めた。スポニチ本紙などに文書で、男性に対して「行き過ぎた表現もありました。一人の人間として反省しております」とコメント。すでに男性の代理人に対して弁護士を通じて回答書を送っており「話し合いによる解決に向けて努力しています」としている。

 騒動は、木下氏が勤務していた医療法人で男性に対して度重なる暴言などがあったとされる。車のドアを閉める音を巡って「鼓膜破れたらおまえ金払えんのか?」などの音声が公表された。

 一方で、木下氏は「今回の一連の報道で、事実と異なる点が多数あることについては改めて申し添えておきます」と付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月27日のニュース