レコ大新人賞の新浜レオン喜び「父が一つだけとれなかった賞」父はアノCM曲で有名

[ 2019年12月17日 04:00 ]

新浜レオン
Photo By スポニチ

 第61回日本レコード大賞は16日、東京・赤坂のTBSで13賞の計41組に対する表彰式を行い、新人賞を新浜レオン(23)が受けた。最優秀新人賞を決める最終審査会は30日。海蔵(かいぞう)亮太(29)、BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)、彩青(りゅうせい=17)との4組で新人の頂点を競う。

 新浜は「新元号になった令和の、その初日、5月1日にデビューしました。新人賞を受賞することができて本当に幸せな気持ちでいっぱい。同時に感謝の気持ちでいっぱいです。30日は一曲入魂で歌います」とあいさつした。

 B’z、ZARD、大黒摩季(49)、倉木麻衣(36)らが所属する音楽制作会社「ビーイング」が初めて手掛ける演歌歌謡曲系の新人。「♪は・か・た・の塩!」で知られる「伯方の塩」のCM曲を歌う演歌歌手の高城靖雄(61)の長男。デビュー曲「離さない 離さない」はビーイングならではの華やかで洗練されたサウンドに、父親譲りの明るく爽やかで張りのある歌声を乗せた。

 「父が一つだけとれなかった日本レコード大賞の新人賞。これを『息子が獲ってくれたのを本当にうれしい』と言ってくれて僕自身もまた新たに引き締まりました。そこから新たにスタート。人生に一度しかない大きな舞台を精一杯歌いたい」と30日へ意欲を新たにした。

 30日はTBSが「第61回輝く!日本レコード大賞」の番組名で午後5時30分から生中継する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年12月17日のニュース