関西のラジオの大御所 ヒロ寺平&道上洋三アナが正月特番で共演 喋りっぱなしの1時間半

[ 2019年12月17日 18:00 ]

ABC「ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」の正月特番収録にゲスト参加した(右から)ヒロ寺平、番組パーソナリティーの道上洋三エグゼクティブアナウンサー
Photo By スポニチ

 元人気ラジオDJのヒロ寺平(68)が17日、大阪市のABCで行われた同局ラジオ番組「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月~金曜前6・30)の正月特番収録にゲスト参加した。

 最初に仕事を担当してから35年目の今年9月いっぱいでDJを辞めたばかり。一方、待ち受けた番組パーソナリティー役の道上洋三エグゼクティブアナウンサー(76)も担当43年目とあって“関西を代表するラジオの大御所”同士、1時間半にわたってまさに喋りっぱなし。片思い、ビートルズ、スポーツなど多岐にわたって大いに盛り上がった。

 最後はともに熱狂的ファンの阪神タイガースの話題に。ヒロは9月21日に阪神甲子園球場であった広島戦で始球式を務めた時のことを「広島のバッターに鋭く落ちるフォークを投げて空振りをとったんですよ。あの日から6連勝した」と回想。一方の道上も「あれで(セ・リーグ)3位になった」とヒロの“手柄”を持ち上げながら「今年(2020年)は優勝ですよ」と怪気炎を上げていた。

 番組は「おめでとう道上洋三ですとヒロ寺平です~新春Super Session~」で来年1月1日午後3時からオンエア。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月17日のニュース