加山雄三 軽い脳梗塞で公演延期を発表 今のところ病状による症状なしも「しばらく時間をください」

[ 2019年11月12日 15:06 ]

加山雄三
Photo By スポニチ

 歌手の加山雄三(82)が軽い脳梗塞を発症し、16日に開催予定だったコンサートを延期すると12日、所属のドリーミュージックと日本コロムビアが発表した。

 公式サイトでも公演延期を発表。加山は、8日午後7時頃、自宅にて体の不調を訴え、病院で検査したところ、右の脳に軽い脳梗塞を発症していることが分かったといい、「現在点滴加療を目的に入院をし快復に向かっておりますが、大事を取って、11月に予定しておりました11/16(土)大宮ソニックシティと11/28(木)札幌文化芸術劇場hitaruでのコンサート公演を以下の日時に延期とさせていただきます。12/14(土)Bunkamuraオーチャードホールでのコンサート公演は予定どおり行います」と説明した。

 公式サイトでは「コンサート公演を楽しみにしていただいていた皆さまには大変なご迷惑とご心配をおかけ致します事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪しつつ、「改めて万全な状態で皆様に歌と元気をお届け出来ます様、加山雄三、スタッフ一同準備をしてまいりますので、何卒ご理解ご了承の程お願い申し上げます」としている。

 加山自身も「皆さん、ご心配をおかけしてます。今のところ病気による症状は何もなく、自分としてはいたって元気にしていますが、自宅で気づいた時、ただちに病院へ向かった行動が大きな救いだったように思います。自分のような年齢で同じような経験をしている方がたくさんいると思いますが、早期に発見することがいかに大事かを、より多くの人が知ってもらえる機会になれれば幸いです。いち早く回復してみなさんの前に元気な姿をお見せできますよう治療して参りたいと思います。しばらく時間をくださいね」とコメントを寄せている。

 大宮ソニックシティでの公演は2020年1月15日に、札幌文化芸術劇場 hitaruでの公演は2020年3月24日にそれぞれ振り替えられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月12日のニュース