三浦大知 全国ツアーファイナルで21曲熱演!来年新曲&ホールツアーも発表

[ 2019年11月5日 21:30 ]

1万2000人を前にハイトーンボイスを張り上げる三浦大知
Photo By 提供写真

 歌手の三浦大知(32)が5日夜、全国ツアーの最終公演を東京・国立代々木競技場第一体育館で行った。

 「COLORLESS(無色)」と題したツアー。「無色透明なライブに、歌ったり踊ったりしてカラフルな色を塗ってほしい」と命名の意図を観客1万2000人に語りかけ、大歓声を浴びた。

 伸びやかなハイトーンボイスと、激しく繊細なダンスパフォーマンスは健在。「Right Now」では客席に降り、会場中央のセンターステージまで走って移動。最新曲「片隅」や「Blizzard」など全21曲を披露した。

 4都市6公演のアリーナツアーで計5万人を動員した。公演のラストには来年1月15日にシングル(タイトル未定)を発売し、同31日から全国ホールツアーを開催することを発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月5日のニュース