コンプラ超順守「リンカーン大運動会」EXIT兼近「俺、もうぜってえ悪さしないって決めてんすよ!」

[ 2019年10月16日 12:00 ]

口論するパンサーの尾形(左)とEXIT・兼近(C)TBS
Photo By 提供写真

 毎年恒例のTBSバラエティー「リンカーン芸人大運動会2019」が16日午後9時から放送される。ベテランから若手まで総勢54名の人気芸人が勢ぞろいし、浜田組と松本組に分かれて競う。

 今回が12度目の開催。「リンカーン」メンバーのダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊・蛍原、キャイ~ンらに加え、EXIT、トム・ブラウン、宮下草薙・草薙、ガンバレルーヤが初出場。「障害物競走」「陣取り綱引き」「巨大ジェンガ」「パンスト脱がし騎馬戦」「イス取り合戦」「チーム対抗リレー」の6種目で競い合う。

 開始早々「クレイジーに行こうぜ」と、過剰演出が問題となった番組をネタにいじる松本。冒頭には「パワハラとセクハラは見過ごしません!」とアナウンスされるなど、昨今の問題を踏まえ“コンプライアス超順守”が徹底された。また、毎年大活躍していた宮迫博之(49)が吉本興業との契約解消問題で不在となるなどさまざまな問題を抱えているが、そんな逆境の中でも一丸となってお笑い界を盛り上げようと各々が奮起した。

 そんな中、2種目目として行われた「陣取り綱引き」ではパンサーの尾形貴弘(42)が「足を踏まれた」と敵チームであるEXIT・兼近大樹(28)に猛抗議。今年9月に週刊誌に過去の逮捕歴を報道された兼近は「汚ねーことしないって決めてっから。俺、もうぜってぇ悪さしないって決めてんすよ!」と反論する場面も。この騒動の詳細について全てを明かし、人を笑顔にする芸人として再出発を期している兼近の正々堂々戦う姿にも注目だ。

 また競技以外にも、毎年恒例の体育委員長による準備体操や、昼休憩中のリポートなど、見逃せない内容満載でお送りする。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月16日のニュース