テレ朝「スーパーJ」やらせ謝罪 担当D「自信なかった」金曜企画コーナーは中止 店舗からの謝礼は否定

[ 2019年10月16日 21:10 ]

<テレビ朝日会見>経緯を説明する長田明広報局長(左)と篠塚浩常務(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は16日夜、東京・六本木の同局で会見を開き、今年3月15日放送の報道番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・50)内の企画コーナーで、やらせがあったとして「今回の問題は当社の番組への信頼を著しく損ねる重大な事案であり、改めて視聴者の皆さま、関係者の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪した。当該の金曜企画コーナー枠は放送を中止する。

 3月15日金曜日の午後5時36~53分枠で放送した「業務用スーパーの意外な利用法」という企画。業務用の食品などを扱うスーパーマーケットに密着し、個人で買い物に来た客の人間模様を描く不定期シリーズの第5弾だったが、放送に登場した客のうち、主要な部分を構成している4人が担当の男性ディレクター(49)の知人であったことが判明したと明かした。

 当該ディレクターはこの4人を含む多くの知人に対し、事前に取材日程を教えるなどしていた。当該ディレクターは俳優養成教室の講師もしており、4人のうち3人はこの教室の生徒だった。

 今回の企画は全国ネット24局のうち、14局でオンエアされた。17日の「スーパーJチャンネル」内でも謝罪する。

 今月4日に匿名の情報が入り、同7日に検証プロジェクトを立ち上げ、社内調査を進めていた。

 当該ディレクターは派遣会社からテレビ朝日の関連会社「テレビ朝日映像」に派遣されていた。今回の企画を含め、昨年4月~今年3月に放送された13本の企画を担当。テレビ朝日は当該ディレクター個人への損害賠償請求などは検討していない。テレビ朝日映像は派遣会社に抗議するという。

 会見した報道担当の篠塚浩常務によると、やらせをした理由について当該ディレクターは「当時、番組制作に自信がなくなっていて、知人に声を掛けることは演出として許されないにもかかわらず、明確な指示さえしなければ、やっていいのではないか、と自分に都合よく解釈した」と聴取に対して話したという。

 具体的なディレクター歴については個人情報として控えたが「いろいろな場所での経験はあったということです。(最近もテレビ制作は)やっていたと聞いています。現在、当社とは仕事はしないということだけ、お答えさせていただきます」と明かした。

 やらせ、仕込みの指摘については「そう言われても致し方のない、否定はできない不適切な演出だった」とした。また、スーパーマーケットから当該ディレクターへの謝礼などについては「少なくとも私どもの調査では、そのような事実はございません」と否定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月16日のニュース