劇団四季「リトルマーメイド」日本通算3000回上演で特別カーテンコール

[ 2019年10月12日 16:55 ]

ディズニーミュージカル「リトルマーメイド」の日本公演3000回を記念し特別カーテンコールを行った出演者たち(C)Disney
Photo By スポニチ

 ディズニーの人気ミュージカル「リトルマーメイド」が12日、上演中の大阪四季劇場で日本通算3000回上演を迎え特別カーテンコールが行われた。

 劇団四季のミュージカルで3000回を超えるのは「ライオンキング」「オペラ座の怪人」などに続き6作品目。この日は台風19号の影響で客席は7割ほどの入りだったが、それでも終演後は割れんばかりの拍手が起こった。カーテンコールでは「リトルマーメイド 3000th」と描かれた看板が登場。出演者を代表してエリック役の竹内一樹が「これからも作品の感動をお届けできるよう、1回1回の舞台を精いっぱい努めて参ります」などとあいさつし、キャスト全員でフィナーレナンバーを熱唱した。札幌の劇場でも特別カーテンコールが行われた。

 同作はディズニーと劇団四季が提携した4作目として13年4月に東京で初演され、これまでに314万人を動員。同劇場では来年6月28日まで上演が決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月12日のニュース