松浦勝人氏、あゆとの“禁断の愛”「色々な意見あって当然」

[ 2019年10月12日 10:29 ]

松浦勝人氏
Photo By スポニチ

 歌手・浜崎あゆみ(41)と恋人関係にあったエイベックスの松浦勝人会長(55)が12日、自身のツイッターを更新し、2人の恋愛が明かされたことに関する周囲の意見について答えた。

 松浦氏と浜崎については、ノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)で、浜崎が松浦氏との交際を初告白。1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描写し、11日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」では、同作品を取り上げた。

 大きな反響を呼ぶ中、松浦氏はこの日「色々な意見があって当然だと思います」とツイート。さらに「なぜこの時期なのかとよく言われますが、ならばいつならいいのでしょうか」とし「いつがいいのかということについては答えは無いと思います。2人ともあまりに歳をとってから出すよりも、むしろ今がギリギリな時期なのかなという考えもあってこの時期になっただけです」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月12日のニュース