綾野剛 スランプ初告白“10秒沈黙”「全くセリフが発声できなくなった」

[ 2019年10月12日 12:09 ]

俳優の綾野剛
Photo By スポニチ

 俳優の綾野剛(37)が11日、日本テレビ系のトークバラエティー番組「天才○○○さんま ときどき岡村 ~こんなときアナタならどうする?~」に出演。スランプの脱し方や、自らが陥ったスランプについて告白した。

 同番組は、天才たちのちょっとぶっ飛んだルールや考え方から生き方の秘訣を学ぶトークバラエティー番組。ゲスト出演した綾野はスランプの脱出法を問われると「今までの生き方を捨てる」と回答。「今までのやり方でダメだったのであれば、それにしがみつく必要はないと思う」と説明。「ガッと今までのやり方を捨てて、新しいやり方を作っていく。そのあとに今までのやり方が後押ししてくれることもある。それ(それまでのやり方)にこだわらない」とした。

 さらに、綾野は「一時期、全くセリフが発声できなくなったことがありまして…」と告白。司会の岡村隆史(49)から「イップスみたいな?」と問われると、綾野は「まさにそうです」。これを聞いた俳優の佐藤浩市(58)も「(セリフは)分かってるんだけど、出てこなくなる」と同調し「パッと本番が始まる瞬間、何かが、自分の中で…」と解説。名俳優たちの告白にスタジオは騒然とした。

 綾野は「“ありがとう”というセリフでも…。そのセリフしかないのに…」と語った後、神妙な表情で約10秒の沈黙を作って、その時の様子を再現。この“演技”を見た佐藤も「飛んじゃうのと違うんです。分かってるんだけど、ここ(のど)からここ(口)に出てこない」と説明。さらに、綾野は「このありがとうで本当に伝わるのだろうか?」と考えてしまうと打ち明け、「ぼく初めて言いました。テレビでも取材でも言ったことない」と初告白であることを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月12日のニュース