NEWS加藤 ファンによる迷惑行為は「僕らが迷惑をかけたことになる」

[ 2019年9月27日 11:26 ]

加藤シゲアキ
Photo By スポニチ

 「NEWS」の加藤シゲアキ(32)が27日放送のTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。ファンによる迷惑行為について言及する場面があった。

 番組で、京都・祇園で横行している外国人観光客による迷惑行為“舞妓パパラッチ”を紹介。SNSに投稿するため、舞妓さんをカメラに収めようと付け回す姿などが放送された。

 意見を求められた加藤は「ジャニーズJr.の時に、電車でスタジオに入っている時とかあって、その時、僕だけじゃなくて、たくさんのジャニーズJr.がいると、(その場所に)ファンが何千人とかって(集まって)いて…」と自身の経験を告白し、「それって、僕らが迷惑をかけたことになる」とすべてはタレントの評価につながるとした。

 そのうえで「僕ら自身は別に付きまとわれることは理解しているし、仕方ないと思っているんですけど」とタレントとしてファンの思いには理解を示しつつ、「そこの通りのすれ違ってたりする人とか、嫌われてしまうってことで、文化自体も嫌がられてしまうのはイヤ。最終的に、そういうところはここからここまでとか、そこを取り締まるファンの方がいたりとか、どんどんルールが出来上がっていくんですけど…」とジャニーズファンのルールについて語った。

 ジャニーズ事務所のタレントをめぐっては、昨年11月に、関ジャニ∞の大倉忠義(34)が会員制携帯サイト内のブログで一部ファンの過剰なつきまとい行為に苦言を呈したり、今年5月には、「Hey!Say!JUMP」が一部ファンによる公共交通機関の利用マナー改善を見られなかったことが理由で、2007年のデビュー以来続けてきたアリーナ会場でのコンサートを見送るなど、迷惑行為の問題が表面化している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月27日のニュース