桜井玲香、聖地で卒業「これからも乃木坂。寂しくない」 愛された“ポンコツ”キャプテン涙の別れ

[ 2019年9月2日 05:30 ]

ソロステージでメンバー全員が駆けつけ、涙で歌えなくなる乃木坂46の桜井玲香
Photo By 提供写真

 乃木坂46が全国ツアーの最終公演を1日、東京・神宮球場で行い、キャプテンの桜井玲香(25)が卒業した。デビューから7年、国民的アイドルグループに成長するまで大所帯をまとめ上げ「これからも乃木坂。寂しくない」とお別れ。グループの聖地での卒業セレモニーに「乃木坂に入ってよかった」と涙を流した。

 神宮球場での公演は6年連続。桜井は卒業ステージを聖地で飾れることを「奇跡。人生何があるか分からない」と喜んだ。2016年に約1カ月半、体調不良で休業し、活動を再開したのも同8月の神宮球場ライブだったからだ。

 「乃木坂に入って友達なんていらないと思っていたけど、あの時、みんなが自分のことのように私を心配してくれた。“私がこのグループを守らないといけない”と本気で思ったのは神宮で復活したタイミングでした」

 アンコールで一人登場した桜井は、再スタートを印象づける純白のドレス姿。3万5000人の大観衆を前に「あまり寂しいという感じはない。一緒に活動はしないけど、これからも乃木坂をつくり続けます」と、キャプテンらしく気丈にあいさつした。

 それでも続くソロステージでは、こらえていた涙が一気にあふれた。ソロナンバー「時々 思い出してください」では歌声が震え、ステージにメンバー全員が駆けつけると、歌えなくなった。白石麻衣(27)に背中をさすられ、大粒の涙をこぼした。

 グループは11年8月に結成。翌12年2月に桜井が暫定キャプテンに指名され、同6月に正式に就任した。女子校出身で品が良く、歌やダンスに定評があり、シングル24作全て選抜メンバー入り。一方で、メンバーからは「ポンコツキャプテン」といじられて慕われ、愛されるキャプテンシーでマンモスグループをけん引した。

 2代目キャプテンの秋元真夏(26)は「つらい時は私たちを頼って」と別れを惜しんだ。桜井は終演後、野球選手の引退セレモニーのように場内を1周。「気をつけて帰るんだよ。みんな大好き」と注意喚起して締めくくり、最後までキャプテンらしかった。

 ◆桜井 玲香(さくらい・れいか)1994年(平6)5月16日生まれ、神奈川県出身の25歳。12年2月、乃木坂46のシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。13年3月「サイコキネシスの可能性」で初のセンターを務めた。17年3月に初のソロ写真集「自由ということ」を発売。持ちネタギャグは「ホップステップからのホイップ」。1メートル55、血液型A。

 ◆秋元 真夏(あきもと・まなつ)1993年(平5)8月20日生まれ、埼玉県出身の26歳。11年8月、乃木坂46に加入も、直後に大学入試のため休業。12年に大学に進学し、同12月に「制服のマネキン」で初の選抜入り。13年4月に日本テレビ「BAD BOYS J」でドラマ初出演。17年2月に初のソロ写真集「真夏の気圧配置」を発売。1メートル54、血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年9月2日のニュース