速水もこみち 初の始球式でおなじみ“料理の儀式”披露

[ 2019年8月14日 05:30 ]

西武―オリックス戦の始球式に登場した速水もこみち(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 俳優の速水もこみち(35)が、西武―オリックス戦(メットライフD)で人生初の始球式を行った。

 「HAYAMI 883」と書かれたユニホーム姿で登場。マウンドではロジンバッグを手に「皆さんご存じの粉振りパフォーマンスもしました。勝利の儀式ということで」と、オリーブオイルをかけるおなじみのポーズも披露した。投球はワンバウンドで「500球ぐらい練習したのですが…。貴重な経験ができました」。

 速水は今月8日に女優の平山あや(35)との結婚を発表したばかり。発表から初となる公の場で、幸せそうな笑顔を振りまいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月14日のニュース