「パント!」の“りさお姉さん”「27年間彼氏なし」告白…出川は興味津々「リアルキスもないの?」

[ 2019年8月14日 22:54 ]

 NHK「おかあさんといっしょ」の「パント!」のお姉さんとして人気を集めたタレントの上原りさ(27)が14日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)で民放初出演、“27年間彼氏なし”の驚きの私生活を告白した。

 上原は大ヒットドラマ「のだめカンタービレ」のロケ地としても知られる洗足学園音大出身。在学中の2012年4月から「おかあさんといっしょ」の「パント!」のコーナーに出演し、今年3月“卒業”するまでの7年間、“りさお姉さん”として子どもたちに親しまれた。

 この日は、ピアノ、ハープなどの音楽女子とともに出演し、「アニメ好き」などの素顔を公開した。その中で、「彼氏がいたことも、つくったこともない」と衝撃の告白。

 MCのひとり、SHELLY(35)が「ここでウソつくと辛いよ。何かあると言われる」と突っ込んだが、「ないです」ときっぱり。

 共演のお笑いタレント出川哲朗(55)は「下世話だけど…(口に指をあてて)リアルキス、ないの?」と興味津々に質問。上原が「ないですね」と答えると、「もったいな~い」と残念がり、「キスって素晴らしいよ」と熱弁をふるった。

 「チュートリアル」徳井義実(44)が「キスってどういいの?」と尋ねると、出川は「言葉じゃないんだよね」とミエをきり、「オレのキスは優しいよ」とも。これに対し、女性陣からは「えーっ、やだー」と悲鳴があがった。

 上原は「男性としっかり手をつないだ」のも、「おかあさんといっしょ」で共演した体操のおにいさんが初めて。「曲の中でほっぺをギューとしたり、最初、ものすごく恥ずかしかった」などと打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月14日のニュース