ほのか“日本一過酷”富士山レース快走「自信になった」

[ 2019年7月27日 05:30 ]

「富士登山競走」5合目コースを完走したほのか
Photo By スポニチ

 タレントのほのか(23)が26日、日本一過酷な山岳レースと呼ばれる「第72回富士登山競走」(スポニチ後援)に大会アンバサダーとして参戦、五合目コースを2時間17分32秒で走破した。

 ゴールの瞬間、大粒の汗を流しながら「最後の1キロの勾配がキツかったあ」。マラソン大会参加2回目で約15キロ・標高差1480メートルの難コースに挑戦し、五合目コース女子135人中40位の好成績に、大会側も「このタイムは快挙」と絶賛。ほのかは「トレーナーの指導のおかげで目標の2時間20分を上回り、自信になった。来年は最難関の山頂コースに挑戦したい」と声を弾ませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月27日のニュース