マツコ&有吉 テレ朝アナへの“パワハラ批判”に反論「ちょっと表層的過ぎ」

[ 2019年7月18日 13:52 ]

マツコ・デラックス(左)と有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の有吉弘行(45)とタレントのマツコ・デラックス(46)が18日深夜放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(水曜後11・15)に出演。共演の同局、久保田直子アナウンサー(37)への“パワハラ批判”に言及した。

 トーク中、マツコが久保田アナに意見を求めるいつもの場面になると、有吉がいきなり「久保田さんに何か言うと、マツコと有吉がパワハラしてるみたいになる」とネットで久保田アナに2人が「パワハラをしている」との意見が出ていることについて切り出した。マツコは寝耳に水だったようで「えー?そうなの?」とビックリ。有吉は「今、どう?って聞くのも同調的な圧力な感じになる」と困り顔を見せると、久保田アナは「ないですよ!」と慌ててその“疑惑”を否定した。

 有吉は「久保田さんの気持ちを我々は一番大事にしてるんだけど、見ている人は久保田さんの気持ちさえ知らずに、『おい、なんだ、久保田かわいそうだな』って言われているわけ。(久保田アナに)『久保田かわいそうだな』って言わせる隙があるってことよ」とピシャリ。マツコも「どんな見方があっても言論の自由ですからかまわないけど、ちょっと表層的過ぎじゃないですか?って(言いたい)。反論しているわけじゃなくて。いろんな愛情表現があるんだよって」と説明した。これに有吉も同調し、「人の気持ちを!って言ってるそいつが人の気持ちなんて考えてない」と力を込めた。

 当の久保田アナが「かわいそうと言ってもらうのもありがたいと思いつつ、でも、私はこれが楽しいんだよ!(って思う)」と主張すると、有吉も「それをちゃんと出さないと!」と力説。マツコも「ちょっと怒んないとダメなんですよ。半分はバカにされてるんですからね。有吉、マツコが言うような人間だって、本当に思っているから、『本当の事言うな!』って言って怒ってるわけだから。私たちよりももっとアンタのことをクソババァだと思ってるってことよ」と指摘した。

 有吉は「俺が、マツコさん好きなのではマツコさんに何を言っても『マツコさんをいじめるな!』って言われない。(久保田アナに)何か言うと、俺らがいじめてるみたいになる」と本音を吐露。マツコも「アンタもか弱い人間っぽいコメントするじゃない。もうそろそろ、そういうのも別にかわいくないんだから(やめなさい)」と久保田アナに投げかけた。

 久保田アナはオンエアをツイッターを見ながら見ることもあるそうで「かわいそうでもイヤでもないのに、そんな事言われてもなーって(思う)そんなことないのに(って思う)」と本人もそういう意見があることは自覚している様子。この話に、有吉は「ほんと?まんざらでもないんじゃない?」、マツコも「書き込んでるんじゃないの?」と即ツッコミ。

 マツコが「ちょっと気を付けるのは、気を付けるわ。あんまりね…」ともらすと、久保田アナは「イヤです、気を付けられるの」とキッパリ。マツコは「それで番組見なくなっちゃったりしたら私たちも申し訳ないから。そんなに久保田さんイジりできなくなっちゃった…」と話すと、有吉も「ここに久保田さんがいるのに、本人の気持ちを確かめることなんて簡単なのに、こっち(視聴者)に向けてやらないといけなくなっちゃう。そういう思い込んじゃってる人は、何言っても聞かないからね。ああ、何も言えない」と嘆くばかり。それでも、最後は「今まで通りやりましょう」と変わらないスタンスで今後もやっていくことで一致した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月18日のニュース