大久保佳代子が「大人げない」と憤慨した芸人 アイドルに追随し「猿芝居して逃げ帰った」

[ 2019年7月18日 08:06 ]

「オアシズ」大久保佳代子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(48)が16日放送の日本テレビ系「「踊る!さんま御殿!!夏の超特大さんま御殿」(後7・00)に出演。ラジオ番組で共演しているお笑いタレントがとった、大人げない振る舞いに怒りをあらわにした。

 曜日レギュラーを務めているラジオ生番組でのCM中、共演者たちと仕事終わりにご飯を食べに行く約束をしたという大久保。いざ番組が終わり、スタジオを出たところで、出演者の一人であるアイドルが「この後、打ち合わせが入っていた」として、次の現場に行ってしまったという。

 そのため、残りのメンバーで店に向かおうとした際「俺もや」と、そのアイドルに追随したのがお笑いコンビ「TKO」の木下隆行(47)だった。大久保は「『あ~、そうやった。俺もや。忘れとった』って。猿芝居をした後、逃げるように帰っていった」と、その際の木下の言動を再現した。

 「大人げなさすぎて、ムカッときたというか悲しくなりました。仕事仲間なんだし、1、2時間付き合っても…」と当時の心境を吐露。ただ、MCの明石家さんま(64)は「木下は男の中の男。正直すぎんねん。それ(帰るの)はアカンけど、気持ちは分からなくもない」と、木下の行いに理解も見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月18日のニュース