ジャニーズ事務所に公取委異例の「注意」 元「SMAP」出演でテレビ局に圧力か…独禁法違反の恐れ

[ 2019年7月18日 05:30 ]

東京都港区にあるジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに、事務所から独立した元「SMAP」の稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人を出演させないよう圧力をかけた疑いがあることが17日、関係者への取材で分かった。公正取引委員会は独禁法違反(不公正な取引方法)につながる恐れがあるとして、同日までにジャニーズ事務所を注意した。

 芸能人の移籍を巡り、芸能事務所が同法に基づく注意を受けるのは初めてとみられる。

 3人は2017年9月をもって同事務所との専属契約が終了。元マネジャーの女性が立ち上げた新事務所に移籍して活動を開始した。

 当時はそれぞれが民放にレギュラー番組を持っていたが、独立後に相次いで打ち切りに。今年3月に稲垣のTBS「ゴロウ・デラックス」が終了すると、3人の民放レギュラーはゼロとなっていた。一方、インターネット局「AbemaTV」が企画した番組や、映画、舞台などではこれまで通り活動を続けている。

 関係者によると、ジャニーズ事務所はテレビ局などに対し、所属タレントの出演見合わせをほのめかすなどして、3人を番組などに出演させないよう圧力をかけた疑いがあるという。このため、公取委は関係者から事情を聴いて調査してきた。

 公取委は、こうした疑いのある行為は、独禁法が禁じる不公正な取引方法のうち、不当な「取引拒絶」か「取引妨害」につながるおそれがあると判断したもようだ。公取委の「注意」は、違反行為の存在を疑うに足る証拠が得られないが、違反につながる恐れがある行為があるときに、未然防止を図るために取られる措置だ。

 スポニチ本紙の取材では、テレビ局側も昨年から聞き取り調査を受けている。今後は公取委の動きを意識した番組制作をする必要に迫られる。民放の編成担当者は「局内に“見える形で変えないといけないのかな”という空気がある」と話しており、早ければ年内にもバラエティーや音楽番組でその変化が見えてくるかもしれない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月18日のニュース