文学少女・芦田愛菜が初の著書発売 15歳で1000冊読破「調味料の成分表も読んじゃう」

[ 2019年7月18日 07:00 ]

初の著書「まなの本棚」をPRする芦田愛菜
Photo By スポニチ

 女優の芦田愛菜(15)が初の著書「まなの本棚」(小学館)を18日に発売する。大好きな読書についてつづった「読書のすすめ」的な内容で、過去に読んだ1000冊以上の中から厳選した約100冊を紹介。「本を読むことは生活の一部」と明かし「読むものがないと、目の前にある調味料の成分表を読んじゃう」と言うほどだ。

 現在中学3年生。最近のお気に入りは村上春樹作品だ。初めて読んだ「騎士団長殺し」で「こんなに読み応えがあるんだ」と大好きになり「海辺のカフカ」も読破済み。「ハルキスト?もしかしたら!」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月18日のニュース