ドランク鈴木「絵が下手すぎて」車庫証明受理されず 地図公開でネットも「警察が正しい」

[ 2019年7月6日 11:40 ]

「ドランクドラゴン」の鈴木拓
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓(43)が5日、自身のツイッターを更新。絵が下手すぎて車庫証明が取れなかったことを明かし、ファンを驚かせている。

 鈴木は「くそー 絵が下手すぎて車庫証明の許可が降りなかった」と告白。「くそー そんなことある?と家族に笑われた。くそー 小さい頃あまりにも絵が下手すぎて医者に連れていかれたことを思い出した。くそー」とつづった。

 これを受け、ネットでは「どんな絵を描いたの?」「絵っていうか、ほぼ線のみですよね?」「嘘はよくないよ」などと鈴木の投稿を怪しむ声も寄せられる中、鈴木は「私が書いた車庫証明」と添付した手書きの地図を公開した。

 「私の車庫証明を受理して貰えなかった。住所書いてナビで家まで来れたとしてもこれは人に出すべき地図ではないらしい」とガックリ。「家族いわく、『こんな絵だったら警察は悪くない。あんたの絵の才能が悪い。』だそうだ」と家族からも厳しい言葉があったようで「家族が言うのだからそうなんだろう。すまん警察よ」とつづった。

 公開された手書きの地図には「地図はコピーでいいんだぞ」「これは俺も受理しない」「これはさすがに駄目です」「これは警察が正しい」など厳しい声が寄せられ、最初は半信半疑だったフォロワーも警察の対応が正しいを認めざるを得ない展開となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月6日のニュース