有吉弘行はテレビ業界の“怪物”!? テレ東・佐久間P、思わず「スゴくね?」

[ 2019年7月6日 21:28 ]

テレビ東京の佐久間宣行プロデューサー
Photo By スポニチ

 テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行氏(43)が3日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)に出演。「2019年上半期TV番組出演ランキング」について私見を述べた。

 佐久間氏は全体的な顔ぶれを見て「まあ、上位陣は(例年と)変わんないよね」とひと言。「TOKIO」国分・「バナナマン」設楽・坂上忍・「博多花丸・大吉」博多大吉・羽鳥慎一と、5位までは帯番組のMCがズラリと顔を並べていた。

 そんな中、6位に入ったのが“NHK含めた全地上波局でレギュラーを持つ”有吉弘行。佐久間氏はこの結果を見て、思わず「怪物だよ、はっはっはっ!」と大笑い。「帯やってなくて278本も番組やってんだよ。有吉さん、スゴくね?」と、絶賛するばかりだった。

 さらに目を引いたのが11位に入った俳優の瀬戸康史。朝ドラの「まんぷく」や「デジタル・タトゥー」などで出演本数を伸ばしていたようだが、佐久間氏は「俳優さんも入っているのスゴいね」と、例年にない俳優の躍進に驚きを隠せなかった。


【2019年上半期TV番組出演ランキング】
◆総合ランキング◆
1位(359本) 国分太一(TOKIO)
2位(314本) 設楽統(バナナマン)
3位(311本) 坂上忍
4位(289本) 博多大吉(博多華丸・大吉)
5位(288本) 羽鳥慎一
6位(278本) 有吉弘行
7位(273本) 林修
8位(269本) 新井恵理那、近藤春菜(ハリセンボン)
10位(267本) 上田晋也(くりぃむしちゅー)
11位(254本) 瀬戸康史
12位(252本) 小峠英二(バイきんぐ)
13位(242本) 斉藤慎二(ジャングルポケット)
14位(238本) 有田哲平(くりぃむしちゅー)澤部佑(ハライチ)
16位(230本) 春日俊彰(オードリー)
17位(229本) 伊達みきお(サンドウィッチマン)吉村崇(平成ノブシコブシ)若林正恭(オードリー)
20位(228本) 富澤たけし(サンドウィッチマン)

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月6日のニュース