子守康範アナ 美声とギター演奏を披露「練習の成果は出たかな」

[ 2019年7月6日 23:42 ]

ライブでの共演が実現した大下香奈(左)と子守泰範アナ
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー子守康範(58)が6日、大阪市内で開かれたジョイントライブで美声とギター演奏を披露した。

 フリーアナとの二刀流歌手・大下香奈(41)の呼びかけでゲスト出演。2月にMBSラジオの冠番組「子守康範 朝からてんコモリ!」(月~金曜前6・00)で初共演した際、子守の趣味がギターと知った大下からコラボを熱望されていたが、わずか5カ月後に実現した。

 子守アナはオファーを受けてから約3カ月間、指にタコができるほどアコースティックギターを猛特訓したという。「大阪で生まれた女」の弾き語り、さらに故河島英五さんから提供された「あなたにありがとう」も熱唱。河島さんとのエピソードでも観客を沸かせた。

 出演者全員でのメドレー演奏では大下と並んで歌い、笑顔も弾けたが、終了後には「汗のかき方がとんでもなかった」と、本職とは違うステージに苦笑い。「練習の成果は出たかな。これを機に練習を続けます。いらん遊びするよりいいでしょ」と愛きょうたっぷりに語った。

 大下は「快く出演を引き受けてくださってうれしかった」と感謝し、「アーティスト、子守さんもステキでした」と絶賛していた。  

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月6日のニュース