萬田久子 辰巳琢郎に“切り込む”「いつかはあるんでしょ」

[ 2019年7月6日 05:30 ]

第5回プラチナエイジ授賞式に出席した(左から)井村雅代氏、辰巳琢郎、萬田久子、池乃めだか、未知やすえ 
Photo By スポニチ

 輝く60代以上に贈られる「第5回プラチナエイジ」の授賞式が5日、都内で行われた。

 3月に自民党から大阪府知事選の立候補要請を受け固辞した俳優の辰巳琢郎(60)が男性部門を受賞。参院選に「非常に面白そう」と話しつつ政界進出は「仕事もあるので」と否定。しかし、女性部門を受賞した萬田久子(61)に「いつかはあるんでしょ」と切り込まれ、タジタジだった。

 また吉本新喜劇が団体特別賞を受賞。吉本興業などの芸人が、反社会的勢力への闇営業を行い謹慎処分を受けた問題について、池乃めだか(76)は「同じ吉本に属する人間として、世間に迷惑をかけ申し訳ありませんという言葉しか浮かばない」と話した。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月6日のニュース