藤原竜也「12時間も雨に打たれたのに拍手の一つもない 持っていかれた」

[ 2019年7月6日 05:30 ]

願い事を書いた短冊を見せる藤原竜也(中央)。左は窪田正孝、右は玉城ティナ
Photo By スポニチ

 俳優の藤原竜也(37)が5日、都内で主演映画「Diner ダイナー」(監督蜷川実花)の初日舞台あいさつに臨んだ。

 撮影で思い出すこととして挙げたのは、真矢ミキ(55)との格闘シーン。「長時間、雨に打たれて待って、真矢さんが立ち回ると現場で拍手が起きた。自分は12時間も雨に打たれたのに拍手の一つもない。持っていかれた」と悔しそうに話し、会場を笑いに包んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月6日のニュース