櫻井翔 「めっちゃ怖かった」有吉弘行との収録前にやっていたこと

[ 2019年5月31日 11:53 ]

「嵐」櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(37)が30日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会SP」(後9・00)で、ともにメインMCを務めるお笑いタレント・有吉弘行(45)について抱いていた印象について語った。

 この日は、2001年放送の同局ドラマ「天国に一番近い男 教師編」で共演以来の親友である俳優・妻夫木聡(38)、佐藤隆太(39)と3人で九州旅行を敢行し、その姿を密着した。

 レンタカーで移動中、櫻井と有吉の関係性についてトーク。佐藤から「芸人さんと2人でMCやってくってなるとき、緊張感とかないの?」と尋ねられた櫻井は「めっちゃ怖かったよ」と告白。「有吉さんの番組2~3録画して毎週見てたんだよね、(番組の)収録行く前。どうやったら有吉さんとうまくできるのかなあと思って」と振り返った。

 また、有吉が嵐のライブに来ることがなく、その理由として「キャーキャー言われているところ、キラキラしているところを見ると(番組で)いじれなくなっちゃうから」と言われていたことも明かした。

 それでも「見てもらいたいなって思っていた」と櫻井。「(活動休止)発表が終わった後だと、有吉さんの性格上絶対来ないから。『そんなことになっちゃったら他の人が見た方がいい』って言うような人だから。それ(休止を)知らない状態じゃないときじゃないと来てくれないから、収録終わりにつかまえて『20周年だから来てくれませんか。このタイミングで見てくれませんか』っ言ったら、その週末のライブに来てくれた」。

 感謝の気持ちを込めて話したが、それでも「誕生日のプレゼント、1回ももらったことない」ともこぼして、妻夫木と佐藤を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月31日のニュース